マカによる体調不良

精力増強や、女性の不妊に効果があるとうたわれるサプリメントにマカがあります。
しかし、マカを摂取することで、マカによる体調不良がある方も中にはおられます。
それは例えば下痢になったり、血圧が不安定になるなど、摂り慣れない食品を食べると起こりがちな症状でもあります。
マカはサプリメントで、食品として摂取するものですが、その製品の純度が低いものであったり、またサプリメントの精製に使われている他の物質が、体にアレルギーを起こしている可能性もあります。
それから効果を急ぐあまり、規定量を超えた量のマカを摂取してしまった場合も、体調不良が考えられます。
サプリメントは食品ですが、決められた量以上を摂ることは体にとって負担となります。
これは体にいいからといって、大量にナッツ類を食べると胃腸に負担がかかり、摂取カロリーも増えてしまうことと同じです。
規定量はあくまでも目安で、その人その人で量を少な目に調整する方が、効果的な場合もあります。
マカによる体調不良は、マカそのものによるものというよりも、体全体のバランスが崩れていたために起こることと判断して良いでしょう。
健康になるためには、まず自分の体と向き合い、それから何が必要かを考えることが大切です。

有機JAS認定以外のマカは危険?

世の中には精力剤として使用されているものは数多くありますが、マカはその中でも長い歴史と確かな実績のある精力剤です。
紀元前4000年頃にはすでに栽培されていたというほど歴史があるもので、インカ帝国時代には滋養強壮剤として使用されていたほどです。
性機能を高める精力剤としての効果だけではなく、女性の不妊にも効果があるということで注目を集めています。
栄養もとても豊富であり、必須アミノ酸を多く含んでいます。
中でもアルギニンは男性機能を高める効果があり、リジンは女性の不妊に効果があるだけではなく、生理不順や更年期障害なんかにも効果があります。
そんなマカですが、そのあまりの効果の高さから実に多くの商品が世の中に出回っています。
中には粗悪な商品もあり、健康上の悪影響も心配されています。
安全性を考えるにあたってどのような商品を選べば良いのかというと、その一つの基準として有機JAS認定というものがあります。
これは一定の安全性が認められたものに付けられるものであり、農薬の影響を受けていない安全なものだという証拠でもあります。
有機JAS認定以外のマカが安全で無いというわけではありませんが、安全性を重視するなら有機JAS認定があるかどうかチェックしてみるのも良いでしょう。

マカに即効性はない

最近はEDの治療について聞く機会が増え、その対策をする薬を見かける事も多いです。
有名な薬ではバイアグラなどがありますが、こういう薬はお医者さんに行かないと利用することができません。
そのため恥ずかしいなどの理由があるので、なかなか一般の人では利用できないことが多いです。
それに比べるとマカはドリンク剤などでも販売されていて、気楽に買うことができます。
このマカには精力剤としての効果もあるので、そのような症状の方に向いています。
ただマカに即効性はないのでしばらく飲み続ける必要があります。
マカの効果を出すには最低でも一週間以上、時間がかかるときは一月前後ほどは時間がかかります。
バイアグラなどは一時間位で効果が出ますが、マカにはそのような効果はありません。
マカの効果はホルモンバランスを整える事です。
現代はストレスの多い時代ですから、そのストレスが原因でホルモンバランスがおかしくなります。
そうなるとそれが原因でEDになるのですが、このマカはホルモンバランスを治すことによってEDの症状をやわらげます。
このようにマカは間接的な効果を持った商品ですから、急激な変化は生まれません。
またホルモンバランスを整えるだけなので、本来持っている状態以上に改善することもないです。