マカは陰茎海綿体の血流を促進できる?

ED治療薬のメカニズムは血行を促進することで、陰茎海綿体への血流を増加させるものです。
ペニスが硬くなるときは、ドクドクと血管が脈打っているのがわかるはずです。
ドクドク感が強いほど勃起力も増し、性行為の快感も強くなるのです。
ペニスが立たない状態では、マスターベーションすら行うことができません。
刺激がペニスに伝わらないので、射精することもできません。
ペニスが硬くなればなるほど、射精時の快感は高くなるものです。

マカは精力を増強してくれるハーブですが、ED治療薬とは働きが異なります。
陰茎海綿体への血流量を増やすものではなく、免疫向上、体温上昇などを目的にしたものです。
マカには豊富なアミノ酸が含まれており、畑の肉である大豆をはるかに超える栄養価があります。
人間はマカだけ食べていても、死なないと言われるほど栄養価が高いのです。
多くの精力剤にはマカが配合されており、継続的に飲むことで身体が温かくなり、血液の巡りをよくしてくれます。
ED治療薬ほどの血行促進効果はありませんが、副作用がまったくないというメリットもあります。

マカはED治療薬と併用できるので、薬で治療をしながらマカで予防する対策がおすすめです。
ED治療薬は即効性がありますが、副作用も必ず伴います。
シアリスは比較的副作用が弱いですが、薬である以上皆無ではありません。
最初はED治療薬を服用しつつ、徐々に薬の量を減らしていき、最終的に精力剤だけでED予防できる状態まで持っていきましょう。
血液サラサラの状態を維持できれば、50代以降でもED治療薬に頼らずに性行為が行なえます。
勃起力を維持するコツは、動脈硬化・肥満・糖尿病・脂質異常症を予防することです。