マカは医薬品ではなく健康食品

マカとは、南アメリカのアンデス地方で栽培されている植物です。
根には栄養分が豊富で、アンデス地方では古来から栄養食としてマカが食されていました。
具体的な栄養素は、鉄分やカルシウムやビタミンB群などです。

栄養価が高いだけでなく、マカには滋養強壮作用もあります。
ホルモンバランスを整える作用があり、食べることで男性の場合は性欲の減少を、女性の場合は生理不順や不妊症を改善できるのです。
血行を促進する作用もあるので、全身の血流が良くなって、冷え性や勃起不全も改善されます。
特にこの勃起不全改善の効果が高いため、マカは多くの強壮剤に使用されています。

しかし基本的にはマカは医薬品ではなく健康食品の部類に入ります。
化学合成された物質ではなく植物から加工されたものだからです。
そのため薬ではなく、サプリメントやドリンクなどとして販売されています。
そして病院で処方してもらわずとも、海外から個人輸入をせずとも、ドラッグストアや通販などで簡単に手に入れることができます。

医薬品ではないので、もちろん副作用などもなく、安心して飲むことができます。
数千年も前からアンデス地方で食されてきた植物なので、長年の歴史がその安全性と効果の高さを証明していると言えます。